モンスペディア

ユミル(モンスト)

ユミル~神々の誕生と死骸から作り出された北欧神話の世界~

北欧神話の母(男ですが)と言える存在です。 というのは、体から世界が作り出されてとされているからです。 と言っても、ユミルが生んだわけでも、ユミルがその手でせっせと作ったというわけでもありません。 ではどうやって世界が作 […]
シャンバラ神化(モンスト)

シャンバラとシャングリラ~カースト制の元で作られ混同された理想郷~

『シャンバラ』という単語を見て何を連想しますか? 筆者が先ず連想したのは、10数年前のアニメ映画『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』です。 テレビ番組のヒットと相まって、映画も大ヒットしたので鑑賞された人も多いのではない […]
ケンタウロス(メガテン)

ケンタウロス~実在した?粗暴な怪物か、誇り高き狩猟の種族か?~

馬の体に人間の頭。 ケンタウロスの姿を知っている方も多いのではないでしょうか? 《賢人》と呼ばれる者も、《悪辣》と言われる者もいるケンタウロス族。 筆者は山岸凉子の『妖精王』に登場するケイローンを思い出しましたが、さて本 […]
ソーマ

ソーマ|インドの神々がこよなく愛した神酒

ソーマは、今まで何回か紹介しましたが、インド神話の神々にとって大切な飲み物と言ったら【ソーマ】です。 これを飲むと、能力が高くなると言われる神の酒、言わばエナジードリンクのようなものでした。 インド神話の懐の深さの証明と […]
ニーズヘッグ

ニーズヘッグ~死者の魂を食らう最も悪食で貪欲なドラゴン~

神話には必ずと言って良いほど登場するのが【竜=ドラゴン】です。 敵になり味方になり、主人公と深い関わりのあるドラゴンは必要不可欠な存在ではないでしょうか? 北欧神話にもニーズヘグというドラゴンがいました。 しかも不吉な恐 […]
ヘルモーズ(神獄のヴァルハラゲート)

ヘルモーズ~使者となり冥界ニヴルヘルへ旅立った俊敏の神~

ヘルモーズという名前を知っていますか? 北欧神話の最高神オーディンの息子なのですが、母親はフリッグではありません。 この名前は初めて聞いたという人も多いかと思います。 実は彼はエピソードがほとんどありません。 たった一つ […]

ルーン文字の起源とは~ゲームや小説での困ったときのルーン文字~

ライトノベルやファンタジー小説の奥の手とも言えるルーン文字。 筆者の感想ですが、主人公が理解できない謎の文字が登場するとたいていはこのルーン文字なので、異世界小説などで【困ったときのルーン文字】というイメージが強いのです […]
ブラフマー

ブラフマー~八大世界守護神を配置した宇宙の創造神~

名前は有名なのに、実体がよくわからない神様というのはたくさんいますが、インド神話におけるブラフマーもその一人ではないでしょうか。 ヒンドゥー教の三大神と呼ばれてはいますが、何をしたのか、何の神様かと言われると考え込んでし […]

アルテミス~残忍な狩猟の神とアルテミスの銀の弓矢~

月の女神アルテミスと言ったら、弓矢を手に森を疾走する乙女のイメージがあります。 同じゼウスの娘と言っても、アテナと違って《永遠の乙女》と感じるのは私だけでしょうか? 実はアルテミス=永遠の乙女というのはあながち間違っては […]
トール(モンスト)

トール~雷神と北欧神話最強の武器ミョルニル~デンマークで出土

北欧神話の神々の中で一番人気があるのが【トール】です。 名前の通り大きな男でしたが、よく言われるように「気は優しくて、力持ち」だったので、暗ささを感じないところが、人気の秘密なのでしょう。 今回はトールについて紹介します […]
爆絶アルカディア(モンスト)

アルカディア~豊かな資源と穏やかな気候を備えたギリシャの理想郷~

いーかりを あーげろ うちゅうーから~♪ たーかく かかーげろー そーのはーたーを~♪ いきなりですが、『アルカディア』と言ったらこの歌です! 歌うのはアニメソングの帝王水木一郎! 松本零士の『宇宙海賊キャプテン・ハーロ […]
薄雲太夫とたま

薄雲太夫|招き猫の由来となった三毛猫のたま

最上級の遊女であった太夫は、遊郭という場所柄、きらびやかな生活や、男女の仲にまつわる逸話を残すものがほとんどです。 数少ない例外となるのが「薄雲太夫(うすくもたゆう)」です。 猫を愛した太夫と、招き猫のモデルとなった愛猫 […]

北欧神話の鍵を握る巨人と小人~神話に欠かせない対照的な存在~

北欧神話で重要な位置にいるのは神々や人間だけではありません。 時には敵になり、時には味方となって対立、協力する【巨人】と【小人】もキーパーソンズなのです。 神々の租【巨人】 北欧神話を語る上で絶対欠かせないのは【巨人】で […]
ガンガー

ガンガー~神格化されたガンジス川の女神~

ガンガーという名前を見ると怪獣かと思ってしまいそうですが、れっきとした女神です。 しかも、インドの人々にとってはとても大切なガンジス川という聖なる川の女神と言われています。 ガンガーは元々山神ヒマラヤの娘だったそうですが […]
ヘル(モンスト)

ヘル~キリスト教における地獄の語源となった冥界の女王~

冥界の女王と聞くとどんな女性を想像しますか? 黒いドレスに身を包んだ細身で鋭い目の美しい女性…なんて空想しませんか? ギリシャ神話のペルセポネは、望まず連れて来られた冥界で自分の居場所を手に入れ、それなりに幸せに暮らした […]
クリュタイムネストラ(輝星のリベリオン)

クリュタイムネストラ~ギリシャ神話最大の悪女!夫殺しの罪~

ギリシャ神話上、【最大の悪女】と呼ばれることもある彼女ですが、その罪は【夫殺し】です。 夫を殺した妻は彼女以外にもいるのに、どうしてひどい言われ方をするのか、彼女の娘イフゲニアやエレクトラの章にも関係がありましたが、今回 […]
鎧伝サムライトルーパー

鎧伝サムライトルーパー|放映開始30周年記念ブルーレイボックス

『鎧伝サムライトルーパー』と聞くと「好きだったー」「見てた、見てた」という女性が多いのではないでしょうか? これがきっかけとなって、コミケに行ってみたという人にも会ったことがあります。 女性の漫画家には、トルーパーのパロ […]
オニャンコポン

天空神オニャンコポン~アカン人の宗教における創造神話~

「オニャンコポン」という言葉の響きだけを聞くと、「昔のアイドルグループの名前?」と首をかしげそうになりますね。 じつは、冗談でもなんでもなく、西アフリカに伝わる由緒正しい神様の名前なんです。 名前のインパクトが強烈な、神 […]
爆絶黄泉(モンスト)

黄泉~イザナギが見た地下世界とは!?死後の国からイザナミを救え~

草なぎ剛、竹内結子主演で大ヒットした『黄泉がえり』という映画をご存じですか? 死んだはずの人間達が限られた時間だけ生き返ってくるという切なくも哀しいドラマだったと記憶しています。 すみません、記事の受け売りです。 筆者実 […]
コノハナサクヤ(クリプトラクト)

木花之佐久夜毘売【コノハナサクヤ】と石長比売【イワナガヒメ】

名前に【花】が入っていることから、美人ということが一目瞭然な木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)。 美人は得か?なんてテレビ番組がありますが、美しい姫として名高い彼女は果たして幸せだったのか、得をしたのか…今回は日本建 […]
ラーマとラクシュマナ

ラクシュマナ|兄ラーマに付き従いインドラジットを倒した勇者

有名なインドの叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公ラーマはとても人気のあるキャラクターですが、今回の主役ラクシュマナはラーマの弟です。 異母兄弟ですが、とても深くラーマを慕っていて、ラーマが追放されたとき、自分も付き従って行っ […]
カグツチ(モンスト)

火之迦具土神【カグツチ】~母なき子、父に殺された悲しき金運の神~

名前に「火」の字があるとおり、この神は【火の神】です。 しかし、本人にとっては不本意でしょうが、別の意味で有名な神様です。 それは【自分の命と引き換えに母が死んだ】という生まれながらにして母のない子だったという悲しい事実 […]
ハヌマーン

ハヌマーン|孫悟空のモデル!?変幻自在のチートキャラ

インドの叙事詩『ラーマーヤナ』には主役であるラーマやラクシュマナなど様々なキャラクターが登場し、それぞれに人気があります。 なかには神や人間ではないキャラもいます。 その中でも一番有名で人気があるのが、今回の主役である猿 […]