モンスペディア

フリッグ(黒騎士と白の魔王)

フリッグ~アグナル国王を育てた結婚と出産を司る平凡な女神~

北欧神話の最高神オーディンの妻フリッグ。 同じ最高神の妻とは言え、ゼウスの妻ヘラと違って、夫の浮気に嫉妬したとか、夫の愛人に嫌がらせをしたとかなどのエピソードはほとんどありません。 それだけ人格者だったのかも知れませんが […]
ソロモン王

ソロモン王~知恵の王と72柱の悪魔たち~

ヘブライ語で平和を意味する言葉「ソロモン」。 日本では、マンガやライトノベル、ゲームといったサブカルチャーでよく耳にする言葉かもしれません。 モデルとなったのは、古代イスラエルで、賢王と称えられたソロモン王。 オカルト的 […]
テュポーン(モンスト)

テュポーン~タイフーンの語源!?無常の果実を食べてしまった巨竜~

安彦良和原作アニメ『アリオン』に登場するテュポーンは背中に苔の生えた空を飛ぶ大蛇です。 オリンポスの番人として、主人公達に襲いかかってきます。 あんな大きな蛇に襲われたら普通の人間はひとたまりもないでしょう。 『ゴジラ』 […]
スレイプニル(FF14)

スレイプニル~巨人の馬とロキの子、8本足をもつオーディンの愛馬~

アースガルド最高神オーディンの愛馬として何度もその名が登場したスレイプニルを紹介します。 8本の脚を持つすばらしい馬で、地上、天空、地底まで駆け巡ることができました。 しかし、スレイプニルの誕生には意外な背景があったので […]
スットゥング(神撃のバハムート)

スットゥングとバウギ~賢者の酒と呼ばれる蜜酒を手に入れた兄弟~

なんとも、おもしろい名前の巨人族の二人ですが、オーディンの敵ではなく、むしろ最高神に騙された被害者と言った方がふさわしい存在です。 最高神なら望むモノは苦労せずに手に入るのが当然のような気がしますが、北欧神話では最高神も […]
ドゥルガー

ドゥルガー~トリシューラなど神々の武器を与えられた死の女神

カーリーの章で登場した女神ドゥルガー。 彼女もシヴァ神の妻の一人です。 パールヴァティより凶暴で勇猛ですが、カーリーほど残虐ではないといった中間点の妻と言って良いでしょう。 戦い好きな美女というイメージがあります。 虎も […]
ヘル(モンスト)

ヘル~キリスト教における地獄の語源となった冥界の女王~

冥界の女王と聞くとどんな女性を想像しますか? 黒いドレスに身を包んだ細身で鋭い目の美しい女性…なんて空想しませんか? ギリシャ神話のペルセポネは、望まず連れて来られた冥界で自分の居場所を手に入れ、それなりに幸せに暮らした […]
ヘラクレス獣神化(モンスト)

ヘラクレス~数々の困難を乗り越えた英雄~

ギリシャ神話上、知名度ではトップ5に入るだろう英雄のはずですが… 筆者の脳内では【脳筋男】のイメージしかありません。 英雄って、知性的で冷静な部分も持ってますよね。 自分では何もできず、部下に助けられていた女好きの劉邦、 […]
ガンガー

ガンガー~神格化されたガンジス川の女神~

ガンガーという名前を見ると怪獣かと思ってしまいそうですが、れっきとした女神です。 しかも、インドの人々にとってはとても大切なガンジス川という聖なる川の女神と言われています。 ガンガーは元々山神ヒマラヤの娘だったそうですが […]
ゲリとフレキ

神々のグループとその性格~自由奔放で我が強く個性的な神族たち~

世界の各地域に神話があり、それぞれに特徴ある神々が存在しています。 オーディンを頂点とする北欧神話の神々も、北欧という地域、気候にふさわしい性格と行動パターンを持った神々です。 二つの神族~アース神族とヴァン神族 北欧神 […]
ブラフマー

ブラフマー~八大世界守護神を配置した宇宙の創造神~

名前は有名なのに、実体がよくわからない神様というのはたくさんいますが、インド神話におけるブラフマーもその一人ではないでしょうか。 ヒンドゥー教の三大神と呼ばれてはいますが、何をしたのか、何の神様かと言われると考え込んでし […]
リグ・ヴェーダ讃歌

インド神話の神々の変化|バラモン教からヒンドゥー教へ

悠久の大地に根ざしたインド神話。複雑な神々や人間の物語が展開される底知れぬ恐ろしささえ秘めたインド神話の主人公は数多くの神々です。 今回は、バラモン教やヒンドゥー教など、インドに発生した宗教の変遷とともに変化していった神 […]
パールヴァティ(女神転生)

パールヴァティ|転生したサティとアルダーナリシュヴァラ

多くの妻をもっていたシヴァ神ですが、その中で一番有名なのがパールヴァティです。 その名前は【山の娘】を意味します。 金色の肌の美しく賢く穏やかな女神で、夫に深く深く愛されたと言います。 選ばれた破壊神の妻 もともとパール […]
フェンリル(グラブル)

フェンリル~最高神オーディンを殺したオオカミの巨人~

名前の響きなら、ふわふわのかわいい生き物を連想してしまうフェンリル。 しかし、このフェンリルは北欧神話最大の魔狼であり、ラグナログにおいて最高神オーディンを飲み込むという決定打を放ち、神々の時代の終焉をもたらした災いのオ […]
トリトン(神姫プロジェクト)

トリトン~波を自在に操るホラ貝を持つ半人半魚の穏やかな神~

タイトルを見ただけで「すーいーへーい せーんの おわりには ああぁ~♪」と歌い出してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? かく言う筆者もお仲間です。 手塚治虫原作のアニメ『海のトリトン』は放映後40年以上経ってい […]
フレイヤ(フィンガーナイツクロス)

フレイヤ~黄金の首飾りの逸話にみる争いを引き起こす美貌と欲望~

北欧神話上、最高に美しい愛の女神がフレイヤです。 フレイヤという名前はドイツ語で女性を意味する【フラウ】の語源とされていますし、Friday(金曜日)はフレイヤの日と呼ばれ、欧米では美しい彼女にあやかって金曜日に結婚する […]
クヴェーラ

クヴェーラ|毘沙門天と同一視される富と財宝を表す財布の神

ヤクシャとヤクシニーの章で少し触れましたが、今回の主役クヴェーラもヤクシャ族の一人です。 彼はとても印象的な体型-メタボ気味と言うより、メタボそのものの肥満体型-をしていて、一度会ったら忘れられない強い印象を与える神です […]
コノハナサクヤ(クリプトラクト)

木花之佐久夜毘売【コノハナサクヤ】と石長比売【イワナガヒメ】

名前に【花】が入っていることから、美人ということが一目瞭然な木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)。 美人は得か?なんてテレビ番組がありますが、美しい姫として名高い彼女は果たして幸せだったのか、得をしたのか…今回は日本建 […]
エロース(ペルソナ)

エロス(キューピッド)~神や人の愛情を自在に操る金の矢と鉛の矢~

一昔前の少女マンガなどでは、主人公の冴えない女の子がカッコイイ男子と廊下でぶつかり、目があった途端、胸に矢が突き刺さった-なんてベタな恋愛スタートシーンがありましたね。 この時の矢が恋愛の神キューピッドの矢です。
ニーズヘッグ

ニーズヘッグ~死者の魂を食らう最も悪食で貪欲なドラゴン~

神話には必ずと言って良いほど登場するのが【竜=ドラゴン】です。 敵になり味方になり、主人公と深い関わりのあるドラゴンは必要不可欠な存在ではないでしょうか? 北欧神話にもニーズヘグというドラゴンがいました。 しかも不吉な恐 […]
ペルセポネ(モンスト)

ペルセポネ(コレー)~ザクロを食べた為に冥界に落ちた美しき女王~

冥界の女王となったゼウスの娘。 超美少女だったので、母デメテルが文字どおり《箱入り娘》として大切に育てていたらしいが、自分の兄弟であるハデスに誘拐され、冥界に連れ去られてしまいました。 とは言え、意外とその生活を楽しんで […]
ヘルメス(モンスト)

ヘルメス~ケリュケイオン、タラリア、ハルパー、鏡の盾、竪琴を持つ泥棒の神~

美術館で、翼のついた靴を履いた彫刻を見たことがある人は多いのではないでしょうか? それが今回の主人公ヘルメス神です。 泥棒達にも愛されたというあまりありがたくないエピソードもあるヘルメス神、さてどんな神だったのでしょうか […]
オーディン(モンスト)

オーディン~スレイプニルに跨りグングニルを振るう神々の父~

北欧神話はギリシャ神話やローマ神話と比べると知名度が低いようです。 ゼウス(ジュピター)やアポロンなどの名前は知っていても、さて北欧神話の神って誰? という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回はちょっとマイナーな […]

アルテミス~残忍な狩猟の神とアルテミスの銀の弓矢~

月の女神アルテミスと言ったら、弓矢を手に森を疾走する乙女のイメージがあります。 同じゼウスの娘と言っても、アテナと違って《永遠の乙女》と感じるのは私だけでしょうか? 実はアルテミス=永遠の乙女というのはあながち間違っては […]