モンスペディア

「ギリシャ神話」の記事一覧

ヘクトルとアキレウス

ヘクトル~プリアモス王の頼みの綱となったトロイアの英雄~

ギリシャ神話の中で最も有名なエピソードと言ったらやはりトロイア戦争ではないでしょうか? ホメロスがトロイア戦争を描いた長編叙事詩『イーリアス』ではアキレウスを始め、オデュッセウスやアガメムノンなど多彩な人間たちが活躍しま […]
ダイダロス

ダイダロス~ラビリンスを造ったアテナイの名工とイカロスの翼~

ダイダロスと言うと、第1期マクロスの“ダイダロスアタック”を連想してしまうのですが、皆さんはいかがですか? 変形したマクロスが敵艦隊に強烈な攻撃を仕掛けるのは印象的でしたが、今回の主役とはあまり関係がなさそうです。 この […]
アルゴス

アルゴス~100の目を持つ眠らぬモンスターとヘルメスの葦笛~

ギリシャ神話にはバラエティに富んだ様々な怪物、巨人が登場しますが、今回紹介するアルゴスは“100の目を持つ”と言われる怪物です。 日本の妖怪にもそんなのがいますが、このアルゴスはオリンポスの神々の手伝いをしていたようです […]
ミノタウロス

ミノタウロス~迷宮ラビリンスに閉じ込められた悲しきモンスター~

ギリシャ神話には数々の怪物が登場しますが、中でも有名なのが【ミノタウロス】でしょう。 ミノタウロスはクレタ島に住む頭が牛、体が人間の怪物でした。 何とも不気味な姿ですが、その出生にも忌まわしい秘密があったのです。 SIY […]
ミノタウロス

ラビリンス~二度と出ることができない迷宮とアリアドネーの糸~

ラビリンスというのは日本語の迷宮も含めると様々なメディアに登場しますね。 ゲームや小説、映画、漫画などなど。 迷宮という言葉には、人を引き付ける魔力のようなものがあるのかも知れませんね。 今回はギリシャ神話のラビリンスを […]
カサンドラ(黒騎士と白の魔王)

カサンドラ~予言は的中する!しかし誰一人として信じる者はいない~

カサンドラの名前は、アポロンの章に登場しました。 彼女はトロイア王家の姫で、父親はプリアモス、母親はヘカベーです。 生き別れの兄パリスが引き起こした事件のせいで、彼女は悲惨な最期を遂げることになったのです。 SIYA最後 […]
クリュタイムネストラ(輝星のリベリオン)

クリュタイムネストラ~ギリシャ神話最大の悪女!夫殺しの罪~

ギリシャ神話上、【最大の悪女】と呼ばれることもある彼女ですが、その罪は【夫殺し】です。 夫を殺した妻は彼女以外にもいるのに、どうしてひどい言われ方をするのか、彼女の娘イフゲニアやエレクトラの章にも関係がありましたが、今回 […]
アンティゴネ(輝星のリベリオン)

アンティゴネー~テーバイで愛し合い憎しみ合う!ソポクレスの悲劇~

アンティゴネーはあのオイディプスの娘です。 母はイオカステ。 この二人の運命はギリシャ神話上、最大の悲劇と呼ばれています。 それもそのはず、オイディプスとイオカステは実の母子だったのです。 その二人がなぜ夫婦となり、子ど […]
アガメムノン(ソウルリバースゼロ)

アガメムノン~王の中の王と呼ばれるほどの男が妻に暗殺される~

ギリシャ神話において人間が関わった最大の事件トロイア戦争。 そのギリシャ軍の総大将でありミュケナイ王アガメムノンは、勇猛果敢な指導者でありましたが、その反面強欲で身勝手、女好きと言った欠点を持っていました。 そんな一昔前 […]
ペネロペ(フィンガーナイツ)

ペネロペ~機織りをしながらオデュッセウスを待ち続けた貞女~

《貞女》の代名詞になりそうなイタケ王オデュッセウスの妻ペネロペ。 夫がトロイ戦争に従軍し10年不在、終戦後も10年諸国をさすらい、生死不明。 その留守を舅と息子とともに守ったという、これ以上ない《夫に忠実な妻》でした。 […]
アポロとダフネ(ボルゲーゼ美術館)

ダフネ~オリンピックでご存知の月桂樹の冠の由来とアポロン~

オリンピックなどの優勝者の頭上に載せられる植物の冠をご存じの方も多いと思います。 あれは月桂樹で作られたもので、実は今回紹介するアポロンを拒絶した美しい乙女=ダフネにちなんだものなのです。 青春の象徴とも呼ばれる太陽神ア […]
パーン(少女とドラゴン)

パン(ファウヌス)~半獣の道化が奏でる魔笛とパニックの由来~

ギリシャ神話に食べ物の名前の神がいる? と思った方もいらっしゃるでしょう。 でも、この神は私たちが思うあんパンや食パンの《パン》ではありません。 【パニック】の由来にもなった、意外と私たちの日常生活に関わる神なのです。 […]
ディオメデス(古の女神と宝石の射手)

ディオメデス(ダイオミード)~勇猛なチャリオットの名手~

ダイオミードという《発光ダイオード》のような名前の男が今回の主人公です。 彼自身はあまりメジャーではありませんが、トロイア戦争では大活躍した英雄です。 ルーブル美術館にはなかなか凛々しい彫像があります。 SIYA最後まで […]
オイデプス

オイディプス~父殺しの苦悩からスフィンクスの問答に勝った王~

心理学などで《オイディプスコンプレックス》という言葉を聞いたことはありませんか? この語源となったのがこれから紹介するオイディプスの恐ろしくも哀しい物語です。 SIYA最後まで読んでくださってありがとうございます。 マイ […]
そらのおとしもの

イカロス~歓喜の絶頂から暗転!翼を失った少年イカロスの死~

【イカロス】と聞くと何を連想しますか。 太陽に近づきすぎて落ちた少年、身の程知らずな思い上がりで身を滅ばした少年、届かぬ夢を追い求める理想家… そんなところまで連想が発展することがありませんか? SIYA最後まで読んでく […]
ペガサス(神姫プロジェクト)

ペガサス~忌々しい出生から英雄たちの相棒となった天を駆ける白馬~

ゼウスの息子ペルセウスが、アンドロメダを颯爽と救い出したときに乗っていたとされる翼ある白馬です。 青空を駆ける白い馬-想像しただけでも美しい光景ですが、今回はペルセウス以外のペガサスのエピソードを紹介しましょう。 → 「 […]
ケンタウロス(メガテン)

ケンタウロス~実在した?粗暴な怪物か、誇り高き狩猟の種族か?~

馬の体に人間の頭。 ケンタウロスの姿を知っている方も多いのではないでしょうか? 《賢人》と呼ばれる者も、《悪辣》と言われる者もいるケンタウロス族。 筆者は山岸凉子の『妖精王』に登場するケイローンを思い出しましたが、さて本 […]
ヘラクレス(モンスト)

ヘラクレス12の功業~エウリュステウスに与えられた困難な試練~

アガサ・クリスティに『ヘラクレスの冒険』というタイトルの短編集があります。 名探偵ポアロと脳筋ヘラクレスとの共通点は、単に12件の事件を解決していくということだけですが、元ネタのギリシャ神話を知っていると2倍楽しめる小説 […]
トリトン(神姫プロジェクト)

トリトン~波を自在に操るホラ貝を持つ半人半魚の穏やかな神~

タイトルを見ただけで「すーいーへーい せーんの おわりには ああぁ~♪」と歌い出してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? かく言う筆者もお仲間です。 手塚治虫原作のアニメ『海のトリトン』は放映後40年以上経ってい […]
サイクロプス(進化)

サイクロプス~実は手先が器用な鍛冶職人だった一つ目の巨人~

大母神ガイアはティターン族と呼ばれるクロノスやレアなどの神の他にも、多くの怪物と呼ばれる者達を産みました。 その中でも有名な一つ目の三兄弟キュクロプスを今回は紹介します。 キュクロプスといってもピンとこない方もおられると […]
ナルキッソス(神撃のバハムート)

ナルキッソス~泉を覗き込んだ理由とは?~ナルシストの語源

『ナルシスト』の語源になったという不名誉な形容詞が付く美青年です。 この他には取り立てて目立つエピソードもなく、正直いてもいなくても大勢に影響はなかったのではと思わせる《存在感理由の軽い》美青年を紹介します。 SIYA最 […]
アキレウス(神姫プロジェクト)

アキレウス(アキレス)~トネリコの槍、アキレウスの鎧を持つトロイア戦争の英雄~

怖いものなど何一つ無いような人間の唯一の弱点を《アキレス腱》と言いますね。 これは今回紹介する半人半神の英雄アキレウスにちなんだ呼び名です。 2004年(平成16年)に『トロイ』という映画がありました。 アキレウス役はブ […]
パリス(ラスピリ)

パリス(アレクサンドロス)~トロイア戦争を引き起こした原因とは~

パリスに対する筆者のイメージはトロイア戦争を引き起こす原因となった【頭カラッポの自己中美形】に尽きます。 神の業により、欲望を抑えきれなかったとか釈明はしていますが、この男さえ現実を厳しく理解していたら、栄華を誇ったトロ […]