モンスペディア

パールヴァティ(女神転生)

パールヴァティ|転生したサティとアルダーナリシュヴァラ

多くの妻をもっていたシヴァ神ですが、その中で一番有名なのがパールヴァティです。 その名前は【山の娘】を意味します。 金色の肌の美しく賢く穏やかな女神で、夫に深く深く愛されたと言います。 選ばれた破壊神の妻 もともとパール […]
カグツチ(モンスト)

火之迦具土神【カグツチ】~母なき子、父に殺された悲しき金運の神~

名前に「火」の字があるとおり、この神は【火の神】です。 しかし、本人にとっては不本意でしょうが、別の意味で有名な神様です。 それは【自分の命と引き換えに母が死んだ】という生まれながらにして母のない子だったという悲しい事実 […]
エロース(ペルソナ)

エロス(キューピッド)~神や人の愛情を自在に操る金の矢と鉛の矢~

一昔前の少女マンガなどでは、主人公の冴えない女の子がカッコイイ男子と廊下でぶつかり、目があった途端、胸に矢が突き刺さった-なんてベタな恋愛スタートシーンがありましたね。 この時の矢が恋愛の神キューピッドの矢です。
トール(モンスト)

トール~雷神と北欧神話最強の武器ミョルニル~デンマークで出土

北欧神話の神々の中で一番人気があるのが【トール】です。 名前の通り大きな男でしたが、よく言われるように「気は優しくて、力持ち」だったので、暗ささを感じないところが、人気の秘密なのでしょう。 今回はトールについて紹介します […]
ウシャス

ウシャス|摩利支天と混同される暁の神

太陽神はギリシャ神話、北欧神話、そしてこのインド神話にも存在しますが、【暁の神】というのは珍しいのではないでしょうか? 今回紹介するウシャスは若く美しい暁の女神と呼ばれる神様で、『リグ・ヴェーダ』では女神の中で一番多くの […]
ヘレネー(神撃のバハムート)

ヘレネ~トロイア戦争の原因!テュンダレオスの掟とパリスの審判~

この人物についての第一印象は「同性の友達、いないな」です。 美人過ぎる女は嫉妬されるから女の友達が少ないとは言われますが、ヘレネの場合は性格が問題。 何でも神様のせいにして済ませるんじゃない!とまず言っておきますね。
阿修羅像(興福寺)

アスラ|神の敵として最も好戦的な戦いの魔神族

アスラとは魔神や魔族の総称、種族名であり、インド神話の神々と対立する者達です。 【スラ=神】で【アスラ=神でないもの、神の敵】を意味するそうです。 強大な力を持つアスラ達は、神々と戦い、何度も危機に陥れていたと言いますか […]
ガイア(神姫プロジェクト)

ガイア~連綿と続く母の命に比べれば男たちの命など鴻毛のように軽い

現在地球を意味する単語として使われる『ガイア』 特撮にも登場します。 平成ウルトラマンシリーズの『ウルトラマン・ガイア』は二人のウルトラマンが登場するということで話題になりましたね。 ガイアはヒーローらしく赤を基本とした […]
イズイズ(パズドラ)

イズン(イズーナ)~黄金の林檎に触れることが許された若さの女神~

世界のあちこちに伝わる神話では神は歳を取らないし、不老不死とされています。 しかし、北欧神話は違います。 最初から滅びが予言されていた神話でした。 そして神々も歳を取ります。 歳を取らず、若いままでいるためには【若返りの […]
トロイの木馬

オデュッセウス(ユリシーズ)~トロイの木馬を考案した軍師の頭脳~

オデュッセウスは、ギリシャ神話でもトップクラスの頭脳と冷徹さを持つ軍略家として知られています。 大酒飲みで女好きのヘラクレス、案外激情家のアキレウス、妻に逃げられて甘く見られがちなメラネオスなどと比べると、いかにも《知性 […]
ザナドゥ

ザナドゥ~モンゴル帝国クビライ・ハーンの避暑地が理想郷!?~

『ザナドゥーへの道』というエッセイ集をご存じでしょうか? 中国文化史に造詣の深い中野美代子氏が作者です。 【西洋から見た東洋の姿】をモチーフにした短編集です。 『ザナドゥ』という言葉は、もともとはモンゴル帝国のクビライ・ […]
パーン(少女とドラゴン)

パン(ファウヌス)~半獣の道化が奏でる魔笛とパニックの由来~

ギリシャ神話に食べ物の名前の神がいる? と思った方もいらっしゃるでしょう。 でも、この神は私たちが思うあんパンや食パンの《パン》ではありません。 【パニック】の由来にもなった、意外と私たちの日常生活に関わる神なのです。
アトラス(ドラクエ)

アトラス~世界の西の果てで天空を背負う罰を果たす巨神~

「支える者」「刃向かう者」「耐える者」を意味する《アトラス》 ティターン族の一人である彼は【天を支える者】として知られています。 筆者などは「地図帳のことをアトラスって言ってたよな」と思ったのですが、メルカトル(メルカト […]
テュポーン(モンスト)

テュポーン~タイフーンの語源!?無常の果実を食べてしまった巨竜~

安彦良和原作アニメ『アリオン』に登場するテュポーンは背中に苔の生えた空を飛ぶ大蛇です。 オリンポスの番人として、主人公達に襲いかかってきます。 あんな大きな蛇に襲われたら普通の人間はひとたまりもないでしょう。 『ゴジラ』 […]

アルテミス~残忍な狩猟の神とアルテミスの銀の弓矢~

月の女神アルテミスと言ったら、弓矢を手に森を疾走する乙女のイメージがあります。 同じゼウスの娘と言っても、アテナと違って《永遠の乙女》と感じるのは私だけでしょうか? 実はアルテミス=永遠の乙女というのはあながち間違っては […]