モンスペディア

「神族」の記事一覧

ウシャス

ウシャス|摩利支天と混同される暁の神

太陽神はギリシャ神話、北欧神話、そしてこのインド神話にも存在しますが、【暁の神】というのは珍しいのではないでしょうか? 今回紹介するウシャスは若く美しい暁の女神と呼ばれる神様で、『リグ・ヴェーダ』では女神の中で一番多くの […]

トヴァシュトリ|魔神ヴリトラを生みヴァジュラを作った技巧神

ギリシャ神話のヘパイトスはゼウスとヘラの長子でありながら、冴えない容貌故に母親に疎まれ、あまり恵まれた神とは言えない存在でした。 しかし、彼には優れた才能がありました。 つまり、誰にも作れない技巧品を作る技術力を持ってい […]
ヴァーユ

ヴァーユ|スリランカの由来となったバラモン教三大神のひとり

世界各地の神話には大地、海、太陽、月、雨、風など自然に関した神が必ず存在しています。 インド神話の自然の神については、雷神インドラなどの有名どころから太陽神スーリヤなどを紹介してきました。 今回の主役は、風の神であるヴァ […]
ソーマ

ソーマ|インドの神々がこよなく愛した神酒

ソーマは、今まで何回か紹介しましたが、インド神話の神々にとって大切な飲み物と言ったら【ソーマ】です。 これを飲むと、能力が高くなると言われる神の酒、言わばエナジードリンクのようなものでした。 インド神話の懐の深さの証明と […]
アグニ

アグニ|パズドラでは評価の低い火の神

インド神話の神を絵にすると、華やかな色彩が多くなりますが、特に大半が赤で描かれるのがアグニです。 それもそのはず、アグニは【火天】とも呼ばれる火の神様なのです。 そもそもサンスクリット語では【アグニ】とは【火】を意味する […]
オニャンコポン

天空神オニャンコポン~アカン人の宗教における創造神話~

「オニャンコポン」という言葉の響きだけを聞くと、「昔のアイドルグループの名前?」と首をかしげそうになりますね。 じつは、冗談でもなんでもなく、西アフリカに伝わる由緒正しい神様の名前なんです。 名前のインパクトが強烈な、神 […]
ラクシュミ

ラクシュミ~乳海攪拌から誕生したアムリタを持つ14の貴重な宝

絶世の美女でインド神話の最高神ヴィシュヌの妻と言われるラクシュミ。 最高神の妻にふさわしく、【幸運や富をもたらす神】として人気があるようです。 現代でも、ラクシュミという名前の女性が多いそうです。 自分の娘が美貌の女神の […]
ガンガー

ガンガー~神格化されたガンジス川の女神~

ガンガーという名前を見ると怪獣かと思ってしまいそうですが、れっきとした女神です。 しかも、インドの人々にとってはとても大切なガンジス川という聖なる川の女神と言われています。 ガンガーは元々山神ヒマラヤの娘だったそうですが […]
ヘル(モンスト)

ヘル~キリスト教における地獄の語源となった冥界の女王~

冥界の女王と聞くとどんな女性を想像しますか? 黒いドレスに身を包んだ細身で鋭い目の美しい女性…なんて空想しませんか? ギリシャ神話のペルセポネは、望まず連れて来られた冥界で自分の居場所を手に入れ、それなりに幸せに暮らした […]
フレイヤ(フィンガーナイツクロス)

フレイヤ~黄金の首飾りの逸話にみる争いを引き起こす美貌と欲望~

北欧神話上、最高に美しい愛の女神がフレイヤです。 フレイヤという名前はドイツ語で女性を意味する【フラウ】の語源とされていますし、Friday(金曜日)はフレイヤの日と呼ばれ、欧米では美しい彼女にあやかって金曜日に結婚する […]