モンスペディア

「天界」の記事一覧

ソーマ

ソーマ|インドの神々がこよなく愛した神酒

ソーマは、今まで何回か紹介しましたが、インド神話の神々にとって大切な飲み物と言ったら【ソーマ】です。 これを飲むと、能力が高くなると言われる神の酒、言わばエナジードリンクのようなものでした。 インド神話の懐の深さの証明と […]
オニャンコポン

天空神オニャンコポン~アカン人の宗教における創造神話~

「オニャンコポン」という言葉の響きだけを聞くと、「昔のアイドルグループの名前?」と首をかしげそうになりますね。 じつは、冗談でもなんでもなく、西アフリカに伝わる由緒正しい神様の名前なんです。 名前のインパクトが強烈な、神 […]
ラクシュミ

ラクシュミ~乳海攪拌から誕生したアムリタを持つ14の貴重な宝

絶世の美女でインド神話の最高神ヴィシュヌの妻と言われるラクシュミ。 最高神の妻にふさわしく、【幸運や富をもたらす神】として人気があるようです。 現代でも、ラクシュミという名前の女性が多いそうです。 自分の娘が美貌の女神の […]
イズイズ(パズドラ)

イズン(イズーナ)~黄金の林檎に触れることが許された若さの女神~

世界のあちこちに伝わる神話では神は歳を取らないし、不老不死とされています。 しかし、北欧神話は違います。 最初から滅びが予言されていた神話でした。 そして神々も歳を取ります。 歳を取らず、若いままでいるためには【若返りの […]
摩利支天(モンスト)

摩利支天~聖徳太子に鏑矢と「忍」の一字を授けた陽炎の神~

今や少女漫画家の大御所と呼ばれる木原敏江の名作に『摩利と新吾』シリーズがあります。 美少年二人の友情(にしては深すぎる二人の関係)に人気の作品でした。 主人公の一人日本人の父とドイツ人の母を持つ摩利の名前が摩利支天にちな […]
カグツチ(モンスト)

火之迦具土神【カグツチ】~母なき子、父に殺された悲しき金運の神~

名前に「火」の字があるとおり、この神は【火の神】です。 しかし、本人にとっては不本意でしょうが、別の意味で有名な神様です。 それは【自分の命と引き換えに母が死んだ】という生まれながらにして母のない子だったという悲しい事実 […]
ツクヨミ(モンスト)

月読命【ツクヨミ】~保食神を斬ったことで昼と夜が生まれた~

【月を読む命=神】なんとも綺麗な名前ですが、この神は知名度が低く、天照大神(あまてらすおおみかみ)や須佐之男命(素戔嗚尊=すさのおのみこと)と兄弟とは言え、それを知っている人も少ないようです。 ただし、マンガなどでは影の […]
イザナミ廻(モンスト)

イザナギとイザナミ~国を生む天沼矛と黄泉の軍勢を切り刻む十拳剣~

聖書における人類の始まりはアダムとイヴでした。 ギリシャ神話では大母神ガイアと天空の神ウラヌスとされています。 そして日本神話における人間の始まりとなったのはイザナギとイザナミでした。 SIYA最後まで読んでくださってあ […]
ウラヌス進化(エレスト)

ウラヌス(ウラノス)~夫婦ゲンカが世界を揺るがす原初の神~

この神は原初の神の一人でありながら、どうも威厳に欠けるイメージがあると思うのは筆者だけでしょうか。 天空の神であり、大地母神ガイアの連れ合いなのに、なぜか【小さいおっさん】と感じてしまうウラヌス。 その理由を分析してみま […]
ヘルメス(モンスト)

ヘルメス~ケリュケイオン、タラリア、ハルパー、鏡の盾、竪琴を持つ泥棒の神~

美術館で、翼のついた靴を履いた彫刻を見たことがある人は多いのではないでしょうか? それが今回の主人公ヘルメス神です。 泥棒達にも愛されたというあまりありがたくないエピソードもあるヘルメス神、さてどんな神だったのでしょうか […]
アポロ神化(モンスト)

アポ口ン(ポイボス)~竪琴を奏で、黄金の弓矢を射る理想の太陽神~

「ギリシア神話の神」と聞いて、八頭身、肉体美を備えた青年の彫像を連想する方も多いでしょう。 それはほとんどの場合、この記事の主人公アポロンです。 今回は、美青年でモテモテのはずのアポロンについて紹介します。 別名でアポロ […]
エロース(ペルソナ)

エロス(キューピッド)~神や人の愛情を自在に操る金の矢と鉛の矢~

一昔前の少女マンガなどでは、主人公の冴えない女の子がカッコイイ男子と廊下でぶつかり、目があった途端、胸に矢が突き刺さった-なんてベタな恋愛スタートシーンがありましたね。 この時の矢が恋愛の神キューピッドの矢です。 SIY […]

アルテミス~残忍な狩猟の神とアルテミスの銀の弓矢~

月の女神アルテミスと言ったら、弓矢を手に森を疾走する乙女のイメージがあります。 同じゼウスの娘と言っても、アテナと違って《永遠の乙女》と感じるのは私だけでしょうか? 実はアルテミス=永遠の乙女というのはあながち間違っては […]
ヘパイストス(パズドラ)

ヘパイストス~アイギスの盾、黄金の椅子、鎖の網を作る鍛冶の神~

オリンポス12神の一人でありながら、《美しい》という形容詞がつかない唯一の神でしょう。 ゼウスとヘラの子どもとも、夫の浮気に腹を立てたヘラが一人で産んだ子どもとも言われています。 手が器用で様々な発明品を作り、結果的に人 […]
ディオニュソス(メガテン)

ディオニソス(バッカス)~愛情と残酷さの二面性を併せ持つ酒神~

ディオニソスという名前は知らなくてもバッカスという名前を聞いたり、見たことがある人は多いと思います。 でも、ギリシア神としてではなく、大人向きのアルコールが入ったチョコレートの名前としてではないでしょうか? 実はディオニ […]
ガイア(神姫プロジェクト)

ガイア~連綿と続く母の命に比べれば男たちの命など鴻毛のように軽い

現在地球を意味する単語として使われる『ガイア』 特撮にも登場します。 平成ウルトラマンシリーズの『ウルトラマン・ガイア』は二人のウルトラマンが登場するということで話題になりましたね。 ガイアはヒーローらしく赤を基本とした […]
アフロディーテ(モンスト)

アフロディーテ~芸術家をも魅了したケストスを持つ愛の女神~

愛と美の女神アフロディーテ。 とは言うものの、どちらかというと《肉体的愛》のイメージが強いのは、ボッティチェリの名作『ヴィーナスの誕生』の上と下を隠しながらも、こちらに向ける色っぽい視線のせいではないかと思います。 有名 […]
プロメテウス神化(モンスト)

プロメテウス~人間に火を与えコーカサスで処刑された黒の獅子王~

物語の開幕を意味する《プロローグ》という言葉をご存じですか? 実はこの言葉はギリシア神話の英雄プロメテウスにちなんだ言葉と言われています。 「先見の明」の意味を持つプロメテウスについて今回は紹介したいと思います。 SIY […]