モンスペディア

「インド神話」の記事一覧

トヴァシュトリ|魔神ヴリトラを生みヴァジュラを作った技巧神

ギリシャ神話のヘパイトスはゼウスとヘラの長子でありながら、冴えない容貌故に母親に疎まれ、あまり恵まれた神とは言えない存在でした。 しかし、彼には優れた才能がありました。 つまり、誰にも作れない技巧品を作る技術力を持ってい […]
ヴァーユ

ヴァーユ|スリランカの由来となったバラモン教三大神のひとり

世界各地の神話には大地、海、太陽、月、雨、風など自然に関した神が必ず存在しています。 インド神話の自然の神については、雷神インドラなどの有名どころから太陽神スーリヤなどを紹介してきました。 今回の主役は、風の神であるヴァ […]
阿修羅像(興福寺)

アスラ|神の敵として最も好戦的な戦いの魔神族

アスラとは魔神や魔族の総称、種族名であり、インド神話の神々と対立する者達です。 【スラ=神】で【アスラ=神でないもの、神の敵】を意味するそうです。 強大な力を持つアスラ達は、神々と戦い、何度も危機に陥れていたと言いますか […]
ヴリトラ

ヴリトラ|スラー酒によって力を失ったアスラ族の魔神

今まで何回か名前は出していましたが、あの雷神インドラを苦しめたアスラ族ヴリトラが主人公として登場です。 大蛇の姿をしているということで、北欧神話の世界を取り巻く大蛇ヨルムンガンドを連想する方もいらっしゃるかも知れませんね […]
ソーマ

ソーマ|インドの神々がこよなく愛した神酒

ソーマは、今まで何回か紹介しましたが、インド神話の神々にとって大切な飲み物と言ったら【ソーマ】です。 これを飲むと、能力が高くなると言われる神の酒、言わばエナジードリンクのようなものでした。 インド神話の懐の深さの証明と […]
アグニ

アグニ|パズドラでは評価の低い火の神

インド神話の神を絵にすると、華やかな色彩が多くなりますが、特に大半が赤で描かれるのがアグニです。 それもそのはず、アグニは【火天】とも呼ばれる火の神様なのです。 そもそもサンスクリット語では【アグニ】とは【火】を意味する […]
ラクシュミ

ラクシュミ~乳海攪拌から誕生したアムリタを持つ14の貴重な宝

絶世の美女でインド神話の最高神ヴィシュヌの妻と言われるラクシュミ。 最高神の妻にふさわしく、【幸運や富をもたらす神】として人気があるようです。 現代でも、ラクシュミという名前の女性が多いそうです。 自分の娘が美貌の女神の […]
パールヴァティ(女神転生)

パールヴァティ|転生したサティとアルダーナリシュヴァラ

多くの妻をもっていたシヴァ神ですが、その中で一番有名なのがパールヴァティです。 その名前は【山の娘】を意味します。 金色の肌の美しく賢く穏やかな女神で、夫に深く深く愛されたと言います。 選ばれた破壊神の妻 もともとパール […]
カーリー

カーリー~アスラを壊滅させラクタヴィージャを呑み込む殺戮の女神

カーリーという女神をご存じですか? 血をすする恐ろしい女神という存在ですが、ベンガル地方ではとても人気のある女神です。 恐ろしい女神が何故人気と思うかもしれません。 実は彼女は破壊神シヴァの妻の一人であり、愛妻パールヴァ […]
ミーナークシー

ミーナークシー~シヴァ第2の妻・魚の眼を持つ女神と信仰~

シヴァ神の妻の一人であるミーナークシー。 彼女の名前には【魚の眼をもつ女神】という由来があるそうです。 元々は南インドのマドゥライという場所で信仰されていた土着の女神だったのですが、やがてヒンドゥー教と合体し、シヴァ神の […]
ガンガー

ガンガー~神格化されたガンジス川の女神~

ガンガーという名前を見ると怪獣かと思ってしまいそうですが、れっきとした女神です。 しかも、インドの人々にとってはとても大切なガンジス川という聖なる川の女神と言われています。 ガンガーは元々山神ヒマラヤの娘だったそうですが […]
ブラフマー

ブラフマー~八大世界守護神を配置した宇宙の創造神~

名前は有名なのに、実体がよくわからない神様というのはたくさんいますが、インド神話におけるブラフマーもその一人ではないでしょうか。 ヒンドゥー教の三大神と呼ばれてはいますが、何をしたのか、何の神様かと言われると考え込んでし […]
仏陀像

ブッダ~ヒンドゥー教へ導くために出現した化身シッダールタ

仏教徒の多い日本なら知らない人はいないはずのブッダ(仏陀)。 仏教の創始者であるはずのブッダがヒンドゥー教と関係あるのか? と疑問に感じる方も多いでしょう。 筆者も謎でした。 ブッダとは? インドのルンビニーで産まれた実 […]