モンスペディア

「北欧神話」の記事一覧

スキールニル(刻のイシュタリア)

スキールニル~謎多きフレイの従者の手段を選ばぬ交渉術~

身分の高い人間にはお伴がつきものですね。 光の貴公子ことフレイにもお伴がいました。 それが今回紹介するスキールニルです。 普通高貴な人物の従者と言えば、ひたすら主人に忠実で、命がけでその命令に従うイメージなのですが、北欧 […]
スィアチ(百神)

スィアチ~鷲の羽衣 vs 鷹の羽衣~若返りのリンゴを騙し取る巨人

アース親族とは敵対していた巨人族の男神です。 もともと巨人族のロキをそそのかし、アース親族にとって大切な物を奪おうとしました。 オーディン達にとって幸いなことに、その企ては失敗したのですが、すさまじい復讐をうけることにな […]
ウルズ(モンスト)

ノルン(ウルズ・ヴェルザンディ・スクルド)~運命の女神と予言者~

神話には運命を定める神が登場します。 ギリシャ神話でもモイラという女神が運命を定め、人間だけではなくオリンポス神までもが振り回されていました。 北欧神話にも運命を定める女神がいます。 ノルン(複数形はノルニル)と言い、一 […]
スカアハ(D2メガテン)

スカジ~一人で敵中に乗り込んだスキーの女神と槍の師匠スカアハ~

男か女かわかりにくい名前ですが、スカジは巨人族の女で、父親は若返りのリンゴを管理している女神イズンを誘拐したシアチです。 アースガルドの神々にとっては犯罪者だったシアチの娘はアース親族の妻になるのですが、どんな事情があっ […]
ヘイムダル神化(モンスト)

ヘイムダル~ギャラルホルンでラグナロクを告げる階級制度の始祖~

ヘイムダルという名前を聞いても「それ誰?」という方も多いと思います。 ただでさえ知名度が低い北欧神話。 その中でもヘイムダルを知っている人は【かなりの通】だと思いますよ。 知名度は低いけど、かなりの重要人物なのが、このヘ […]
ミーミル(エレスト)

ミーミル~最高神オーディンの右目がない理由と知恵の泉の番人~

ラグナログでアース親族と巨人族の神々が対決し、双方死に絶えます。 結果だけ見るとアース親族と巨人族は不倶戴天の敵だったようですが、巨人族の中にもアース親族に味方する神がいました。 今回紹介するミーミルもその一人です。 S […]
ユミル(モンスト)

ユミル~神々の誕生と死骸から作り出された北欧神話の世界~

北欧神話の母(男ですが)と言える存在です。 というのは、体から世界が作り出されてとされているからです。 と言っても、ユミルが生んだわけでも、ユミルがその手でせっせと作ったというわけでもありません。 ではどうやって世界が作 […]
シギュン

シギュン~ヴァーリとナリの悲劇!拷問を受けたロキを支えた妻~

またまた「誰それ?」キャラの登場です。 この名前を聞くのは初めてという人も、この人の夫の名前はイヤと言うほどご存じでしょう。 アースガルドの神々にとって最大最後の敵ロキが夫です。 SIYA最後まで読んでくださってありがと […]
ロキ(真・女神転生)

ロキ~魔剣レーヴァテインを操る邪神、トリックスターの元祖~

ついに真打ち登場! 北欧神話には不可欠な神ロキです。 アース親族のトールとは悪友のような関係で、行動を共にすることも多くありました。 しかし、オーディンの息子バルドルを死に追いやったのもロキですし、トールの妻シヴの美しい […]
アングルボザ(モンスト)

アングルボザ~魔女と呼ばれたロキの妻、そして謎多き巨人の母~

世界に神話は数々ありますが、北欧神話は特に「誰それ?」と思う神が多いような気がします。 それだけ人口に膾炙していないということなのでしょう。 今回取り上げるアングルボザもその一人です。 SIYA最後まで読んでくださってあ […]

ヨルムンガンド~終わりと始まりを象徴する完全なる世界蛇~

ヨルムンガンドはロキが巨人族の女性との間にもうけた3兄弟の次子であり、その正体は世界をぐるっと一巻きにできるほど大きな蛇です。 アース親族は3兄弟の巨大さ、凶暴さに怯え(ビビって)地底や海の底に追いやってしまったのです。 […]
イズイズ(パズドラ)

イズン(イズーナ)~黄金の林檎に触れることが許された若さの女神~

世界のあちこちに伝わる神話では神は歳を取らないし、不老不死とされています。 しかし、北欧神話は違います。 最初から滅びが予言されていた神話でした。 そして神々も歳を取ります。 歳を取らず、若いままでいるためには【若返りの […]
グルヴェイグ(ヴァルキリーコネクト)

グルヴェイグ~セイズ呪術の肉体的快感で神々をも堕落させる魔女~

名前の響きからして何やらまがまがしさを感じさせるグルヴェイグ。 彼女はアース親族以前から存在していたヴァン親族の魔女で、災いや諍いを起こすのを楽しみにしているというまさにステロタイプの魔女でした。 彼女がどんな災いをもた […]
ニョルズ(潜レコ)

ニョルズ~ラグナロク以後も生き延びた富と繁栄のシンボル~

北欧神話の神ではありますが、【ニョルズ】という名前はあまり聞き覚えのないという方も多いと思います。 彼自身はマイナーですが、その子どもたちは北欧神話でもトップクラスの人気の神々です。 ニョルズの子どもたちは美形双子として […]
シフ(ヴァルキリーコネクト)

シヴ~金髪の女神と悪戯好きのロキ、そして黄金の鬘(カツラ)~

北欧神話の中でも人気があるのがトールです。 彼には妻シヴという妻がいました。 彼女はその金髪が非常に美しいと言うことで有名でした。 女性なら誰もが羨むような優雅に輝く金髪。 筆者のイメージは塔に閉じ込められたラプンツェル […]
ヘルモーズ(神獄のヴァルハラゲート)

ヘルモーズ~使者となり冥界ニヴルヘルへ旅立った俊敏の神~

ヘルモーズという名前を知っていますか? 北欧神話の最高神オーディンの息子なのですが、母親はフリッグではありません。 この名前は初めて聞いたという人も多いかと思います。 実は彼はエピソードがほとんどありません。 たった一つ […]
フレイ

フレイ~勝利の剣を持ち黄金のイノシシに乗る妖精の王、ユングヴィ~

北欧神話における美青年と言ったら、オーディンの息子であるバルドルとフレイの名前が上がるでしょう。 バルドルはご存じのように【悲劇の貴公子】でしたが、フレイは自分の判断で【アース親族に悲劇をもたらした貴公子】になってしまっ […]
フリッグ(黒騎士と白の魔王)

フリッグ~アグナル国王を育てた結婚と出産を司る平凡な女神~

北欧神話の最高神オーディンの妻フリッグ。 同じ最高神の妻とは言え、ゼウスの妻ヘラと違って、夫の浮気に嫉妬したとか、夫の愛人に嫌がらせをしたとかなどのエピソードはほとんどありません。 それだけ人格者だったのかも知れませんが […]
トール(モンスト)

トール~雷神と北欧神話最強の武器ミョルニル~デンマークで出土

北欧神話の神々の中で一番人気があるのが【トール】です。 名前の通り大きな男でしたが、よく言われるように「気は優しくて、力持ち」だったので、暗ささを感じないところが、人気の秘密なのでしょう。 今回はトールについて紹介します […]
オーディン(モンスト)

オーディン~スレイプニルに跨りグングニルを振るう神々の父~

北欧神話はギリシャ神話やローマ神話と比べると知名度が低いようです。 ゼウス(ジュピター)やアポロンなどの名前は知っていても、さて北欧神話の神って誰? という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回はちょっとマイナーな […]
ラグナロク(モンスト)

ラグナロクに「神々の黄昏」という意味はない~戦争と世界の終焉~

このタイトルを見て「ビスコンティ!」と歓声を上げる方も(特に女性)多いのではないでしょうか? あるいは作曲家ワーグナーを連想する方もいらっしゃるでしょうね。 もともと【ラグナログ】に【神々の黄昏】という意味はありません。 […]