心理学などで《オイディプスコンプレックス》という言葉を聞いたことはありませんか?

この語源となったのがこれから紹介するオイディプスの恐ろしくも哀しい物語です。

 

出生の秘密

オイディプスオイディプスはテーバイ王ライオスと王妃イオカステの息子として生まれました。

しかしライオスは若い頃の過ちが原因で呪いを受ける身だったのです。

そして恐ろしい予言が下りました。

「おまえは自分の息子に殺される」というものでした。

ライオスは怯え、妻には指一本触れようとはせず、我慢していたのですが、ある夜酔いに負け、イオカステの寝室に入ってしまったのです。

やがてイオカステは妊娠し、男子を産みました。

ところが予言を恐れたライオスは「この子を捨ててこい」と命じ、イオカステの嘆きを無視し、山に捨てさせたのです。

ただし、母親の一念でしょうか、イオカステは赤ん坊の両足のかかとをピンで刺し、印を付けたのです。

いつの日か、我が子と巡り会えることを信じて。

ちなみにライオスの過ちというのは、世話になっていたペプロス王の息子クリュシッポスに道ならぬ思いを抱き、強引に関係を結んでしまったことでした。

しかもクリュシッポスはそれを苦に自殺してしまったのです。

ペプロスは我が子を死なせたライオスに呪い、彼を不幸にするように神に祈ったそうです。

 

コリントス王の養子に

山に捨てられた赤ん坊のオイディプスを救ったのはたまたま通りかかった羊飼いでした。

かれは子どものなかったコリントス王夫妻に赤ん坊を差し出し、王夫妻は彼を養子にし、オイディプスと名付けました。

《オイディプス》には《腫れた足》という意味があります。

幼子の傷を可哀相だと思ったのか、或いは捨てた両親が印に付けたということを感じたのかも知れませんね。

さて、コリントス王夫妻の庇護の下、すこやかに成長したオイディプスは自分がコリントス王夫妻の実子ではないという噂を聞きました。

まさかと思いつつも、不安を感じたため、デルポイに行き神託を求めたのです。

オイディプスを恐怖に陥れるお告げが下りました。

「おまえが、故郷に帰れば、父親を殺し、母親を犯すことになろう」。

これを聞いたら誰だって混乱し、脅えますよね。

コリントス王夫妻を実の両親と信じ切っているオイディプスは、そんなバカなことはあり得ないと思いながらも、不安になり、コリントスには戻らず旅に出たのでした。

 

成就する恐ろしい予言 《父殺し》

コリントスとは反対の方角へ旅するオイディプスだったが、その途中細い山道で反対側から来た馬車と出会い頭にケンカになってしまうのです。

どちらかが道を譲らなければ、通れなかったのですが、どちらも譲ろうとしないのです。

オイディプスは若さの故か意固地になり、相手の馬車の主もガンとして立ちはだかったままです。

ついにオイディプスは馬車の主の老人を引きずり出し、殴り殺してしまったのです。

道の通行でケンカになり、殺人まで発展してしまうということは現在にもままあることですが、ギリシアの時代からよくあったようです。

そしてオイディプスが感情に任せて殺してしまった老人こそ、実の父親であるライオスでした。

予言の一つ《父を殺す》はこうして成就してしまったのでした。

 

故郷テーバイ

スピンクス父を殺したとは知らずにそのまま旅を続けるオイディプス。

この時、生き残ったライオスの従者はテーバイへ戻り、王の逝去と犯人の人相を細かく告げていたのでした。

そしてオイディプスは生地であるテーバイへ戻ったのです。

当時のテーバイには【スピンクス】という怪物の恐怖にさらされていました。

エジプトのスフィンクスはこれが語源ではないかと思われますが、女性の顔にライオンの体を持った賢い怪物でした。

テーバイの山に住みついたスフィンクスは、通りかかる人々に謎かけをします。

「朝は4本足なのに、昼は2本足になり、夜には3本足となる生き物はなんだ?」と問いかけ、回答できなかった人間をエサとして食べてしまっていたのです。

当然通りかかったオイディプスにもその問いが投げかけられました。

しかし、頭の良いオイディプスは「それは人間だ。なぜなら生まれたばかりの赤ん坊ははいはいで4本足で動く、成長して青年になると2本足、そして老人は杖をつくから3本足になる」と完璧な回答を返しました。

今まで誰一人解けなかった謎を解かれてしまった…スフィンクスは恥じ入って谷に身を投げて死んでしまったと言います。

かくして故郷災厄から解き放ったオイディプスは歓迎を持ってテーバイに迎い入れられたのでした。

それがおぞましい未来につながるとは夢にも思わずに。

 

成就する恐ろしい予言 《近親相姦》

テーバイではスフィンクスを倒した者には《テーバイの王位と王妃との結婚》が約束されていました。

オイディプスはその約束とおり、テーバイ王となり、未亡人だった王妃イオカステを妻にしたのです。

第二の予言も成就してしまったのです。

何も知らない二人の仲はとても睦まじく、男女合わせて4人の子どもに恵まれます。

孤独に過ごしてきたオイディプスにとっては初めて味わう自分の家庭の温かさが幸せだったでしょうし、ライオスという優しいとは言い難い夫より、若くて情の深いオイディプスを夫にしたイオカステも幸せだったと思います。

ところが、悲劇の幕は当然上がります。

逃げ出した従者の証言により、ライオス殺害の犯人がオイディプスだと判明したのです。

しかも、イオカステが【我が子の証】としてつけた踵の傷によって、オイディプスは自分の息子だと白日の下に明らかになったのでした。

イオカステは自殺します。

そして恐ろしい残酷な真実を知ったオイディプスは「この世界を見たくはない」と自分で両目を潰し、罪滅ぼしの旅に出たのでした。

 

衛星イオカステ

木星の衛星にイオカステという名前を持つ星があります。

言うまでもなくオイディプスの母にちなんだ名前ですが、木星はジュピター=ゼウスなので、あまり関係ないようにも思えますね。

イオカステの理不尽な運命に対する同情から名付けられたのでしょうか?

この星が発見されたのは2000年(平成12年)で、割と最近のことです。

 

オイディプス~父殺しの苦悩からスフィンクスの問答に勝った王~ まとめ

ギリシャ悲劇の一つとして演劇ではよく上演される物語です。

なぜここまで苦しめられるのか、オイディプス達の哀しい運命を当時の人々はどんな思いで見つめたのでしょうか?

二人の間に産まれた4人の子どもたちにも辛い運命が待っていました。

彼らのその後については別章で紹介する機会があると思います。