ヘブライ語で平和を意味する言葉「ソロモン」。

日本では、マンガやライトノベル、ゲームといったサブカルチャーでよく耳にする言葉かもしれません。

モデルとなったのは、古代イスラエルで、賢王と称えられたソロモン王。

オカルト的な伝説に事欠かない王でもありました。

 

歴史で知られるソロモン王

ソロモン王紀元前971~931年に、古代イスラエル王国の3代目の王として君臨していた人物。

旧約聖書に登場していたり、キリスト教の教派の一つ、正教会で聖人と認定されていたりなど、数多くの逸話が見られる王様です。

賢王としても有名で、イスラエル王国に経済的な発展と、国際的な名声をもたらしたとも言われています。

諸外国との貿易のためのインフラ整備など、さまざまな建設事業を実施。

各種制度の整備や、外交手腕などでも、腕を振るいました。

その知恵の深さは、国内のみならず、諸外国の人間までがソロモン王を訪ねてきたほどでした。

しかし、このソロモンの知恵や建設事業の実施には、神や悪魔の存在が関係しているという話も残っています。

 

神より与えられた「ソロモンの知恵」

ソロモン王の伝説の中で、最も有名なのが「ソロモンの知恵」。

実は、この知恵は、神によって与えられた「結婚祝い」でした。

ソロモン王が、エジプトのファラオ(王)の娘と結婚し、神に盛大な捧げ物をしたときのことです。

捧げ物に喜んだ神は、夢枕に立ち、「なんでも望むものを与えよう」と伝えてきました。

ソロモン王は、神の言葉に対して、こう答えました。

「私は若いため、国を治めるすべを知りません。そのための知恵がほしいと思います。」

知恵を求めたことを喜んだ神は、知恵のほかに、富と名声を与えることも約束します。

これが、後のイスラエル王国の発展へと繋がったのでしょう。

 

名裁きで世界的な知名度を得る

ソロモン王の知恵を表す逸話として、子どもを取り合う二人の女への裁きが有名です。

ある日、ソロモン王のもとを訪ねてきた二人の女が、次のような訴えをしてきました。

「私たちは同じ家に住むものだ。 先日、私は一人の子を生んだ。 そして、その後に彼女も一人の子を生んだ。 しかし、彼女の子は死んでしまった。 恐ろしいことに、彼女は死んだ子と、私の子を入れ替えた!生きている子は、私の子だ!」

「何を言うか、私こそが生きている子の母だ!」

二人の女は、互いにゆずりません。

これに対して、ソロモン王は「生きている子を、剣で二つに断ち切り、それぞれの女に半分ずつ与えよう」と答えます。

すると、片方の女が「やめてください!その子は、あの女にあげてください!お願いですから、殺さないでください!」と叫びました。

その様子を見たソロモン王は、「この女こそが本物の母である!」と言い、子を返すように命じました。

そして、この愛こそが、本物の母だけが持つものだと説いたのです。

この裁きの逸話は、後に世界に広く伝わっていくことになりました。

ソロモンの裁き

名裁きといえば、江戸時代に腕をふるった大岡越前の守が日本では有名ですが、ソロモン王の逸話は、大岡裁きにも取り入れられています。

大岡裁きの「子争い」という話で、子どもを取り合う二人の母親に対して、「それぞれ子どもの手を片方ずつ取り、力いっぱい引っ張りなさい。 勝った方を本物としよう。」と伝えたものがあります。

ここでは、両側から引っ張られ、痛みに泣く子の手を離した方を本当の母としています。

 

「ソロモンの指輪」で建設事業

ソロモンの指輪
ソロモンの指輪のイメージ

エルサレムに神殿を建設しようとしたときのこと、工事がなかなかうまくいかないことに困ったソロモン王は、神に祈りました。

祈りに応えた神は、天使ミカエルをつかわし、ソロモン王に一つの指輪を授けました。

真鍮(しんちゅう)と鉄で造られた指輪には、偉大な力が込められていました。

呪文を唱えて投げると、真鍮の部分は天使を従わせ、鉄の部分は悪魔を従わせることができるというのです。

ソロモン王は、この指輪で従えた天使と悪魔の力を使って、無事に神殿の建設を成功させました。

しかし、誤算が一つ。

強制的に建設事業で働かせられた、悪魔たちの怒りが凄かったのです。

怒りを恐れたソロモン王は、真鍮の壺に72人の悪魔を封印し、「バビロンの穴」と呼ばれる深い湖の底に沈めることにしました。

ところが、この壺は、後に発見されてしまいます。

「中身はお宝か?」と期待した人間の手によって封印が解かれてしまい、悪魔は再び外に出てしまったのです。

幸いなことに、逃げ出した悪魔は、地獄にあるそれぞれの領地に戻ったといわれています。

これらの悪魔が、「ソロモン72柱」と呼ばれるものです。

それぞれの名前は、ゲームやマンガなどのキャラクターとしてもよく扱われるため、意外と聞き覚えがある人もいるかもしれません。

ちなみに、「ソロモン72柱」には序列があり、順番に並べると、以下のようになります。

  1. バアル
  2. アガレス
  3.  ウァサゴ
  4. ガミジン
  5. マルバス
  6. ウァレフォル
  7. アモン
  8. バルバトス
  9. パイモン
  10. ブエル
  11. グシオン
  12. シトリー
  13. ベレト
  14. レラジェ
  15. エリゴス
  16. ゼパル
  17. ボティス
  18. バティン
  19. サレオス
  20. プルソン
  21. モラクス
  22. イポス
  23. アイム
  24. ナベリウス
  25. グラシャ=ラボラス
  26. ブネ
  27. ロノウェ
  28. ベリト
  29. アスタロト
  30. フォルネウス
  31. フォラス
  32. アスモデウス
  33. ガープ
  34. フルフル
  35. マルコシアス
  36. ストラス
  37. フェニックス
  38. ハルファス
  39. マルファス
  40. ラウム
  41. フォカロル
  42. ウェパル
  43. サブナック
  44. シャックス
  45. ヴィネ
  46. ビフロンス
  47. ウヴァル
  48. ハーゲンティ
  49. クロケル
  50. フルカス
  51. バラム
  52. アロケル
  53. カイム
  54. ムルムル
  55. オロバス
  56. グレモリー
  57. オセ
  58. アミー
  59. オリアス
  60. ウァプラ
  61. ザガン
  62. ウァラク
  63. アンドラス
  64. フラウロス
  65. アンドレアルフス
  66. キマリス
  67. アムドゥスキアス
  68. ベリアル
  69. デカラビア
  70. セーレ
  71. ダンタリオン
  72. アンドロマリウス

 

ソロモン王~知恵の王と72柱の悪魔たち~ まとめ

神に知恵を与えられ、悪魔をも従わせた賢王ソロモン。

「ソロモンの知恵」、「ソロモンの指輪」、「ソロモン72柱」のワードは、オカルト好きには鉄板かもしれません。