【ソール】は太陽【マーニ】は月です。

英語のsun(太陽)とmoon(月)はここから来ているのかも知れません。

アース親族の仲間で世界を照らす神だったのですが、ラグナログの開始と共にとんでもない最期を迎えるのです。

 

天上に召された太陽と月

種族: アース神族
地域: 天空

太陽の女神ソール、その弟の月の神マーニ。

二人の出生について紹介します。

『新エッダ』の中の【ギュルヴィたぶらかし】には、実は彼らの正体は人間と書いてあります。

二人の誕生は、オーディン達アース親族が原初の巨人ユミルを殺し、その死体から天地を創造した頃にまでさかのぼります。

ムンディルフェリという人間がいました。

彼は自分の子ども達がとても美しい金髪を持っていたので鼻高々で自慢しまくっていました。

そして親バカが高じたのか、娘にはソール(太陽)、息子にはマーニ(月)という名前を付けたのです。

他の神話でも太陽と月は美しいとされていますが、この二人もとても美しい姉弟だったと記されています。

「たかが人間の身で太陽と月は何事だ。思い上がるな」と激怒した神々はムンディフェリ本人ではなく、子どもたちに怒りの矛先を向けました。

そして美貌の姉弟を捕らえ、父親の身代わりとして昼夜交代で、太陽と月を乗せた馬車を引くように命じたのです。

こうして二人の姉弟は、世界を照らす太陽と夜空に輝く月の満ち欠けを支配する神となったのでした。

親の傲慢さのせいで罪のない子どもが罰を受けてしまう-このエピソードはギリシャ神話のアンドロメダとカシオペヤを連想させますね。

どの神話でも神々は親本人より、子どもたちに八つ当たりするようです。

ソールはアールヴァクという【早起き】を意味する馬と、アルスヴィズという【快速】を意味する2頭の馬を引いていると言われています。

太陽にふさわしい名前ですよね。

2頭の馬の肩には体を冷やすためのふいごが取りつけられていると言います。

 

巨人達の嫌がらせ

マーニ
マーニ(黒騎士と白の魔王)

ソールとマーニが天上に連れて行かれたことによって、世界は明るく照らされるようになりました。

ここで疑問がを浮かべる人もいらっしゃいますよね。

ではそれ以前の世界は真っ暗だったのだろうかと。

ところで巨人たちはソールとマーニの二人を憎み、ヨトゥンヘイムで一番恐ろしい2匹のオオカミ、スコル(騒音の意)とハティ(憎しみ、敵の意)に追いかけさせたのです。

世界が真っ暗になったら自分たちも困るのではないかと思うのですが、なぜそういうことをするのか理由ははっきりと記されていません。

ラグナログの兆しの一つだったかも知れませんが。

スコルはソールを追いかけ、ハティはマーニを追いかけ、それぞれが相手を喰らってしまおうと狙い続けているのです。

平時は二人をオオカミは決して捕まえることはできませんでした。

しかし、最終戦争ラグナロクが始まると2匹はそれぞれの獲物に追いついて、喰らい尽くしてしまったのでした。

そして世界は闇に沈んだのです

 

日食と月食の由来

古代ではソールとマーニという太陽と月を、それぞれスコルとハティが追いついたときに日食や月食が起こると考えられていました。

このように天災をモンスターの仕業だとする考え方は他の神話でもあり、この日食や月食に関する説話は北欧神話からヨーロッパ各地に伝わっていったようです。

 

エンタメのソールとマーニ

数あるゲーム作品で、ソールとマーニ姉弟が重要キャラクターとして登場することはほとんどありません。

しかし二人を喰い殺したオオカミ、スコルとハティはセットになって登場することが多いようです。

オオカミながらスコルとハティは対照的な性質を持つ設定になることもあるそうです。

ところで、月とオオカミというのは絵画などの題材にもされることが多いですよね。

人気の組み合わせですから、ハティの方がスコルより取り上げられる回数は多いみたいです。

 

ソールとマーニ~スコルとハティに追われて日食と月食が生まれた~ まとめ

太陽と月がオオカミに喰われてしまう…ショッキングなエピソードですね。

ラグナログでソールとマーニは非業の最期を遂げますが、その直前新しい太陽と月を生み出し、その太陽と月が新世界を照らすとされています。

オーディンやアースガルドの神々と同じように、新世界のための捨て石になった姉弟だったのでしょう。

SIYA

最後まで読んでくださってありがとうございます。
マイベスト漫画は何と言っても山岸凉子の『日出処の天子』連載初回に心臓わしづかみにされました。

「なんでなんで聖徳太子が、1万円札が、こんな妖しい美少年に!?」などと興奮しつつ毎月雑誌を購入して読みふけりました。
(当時の万札は聖徳太子だったのですよ、念のため)

もともと歴史が好きだったので、興味は日本史からシルクロード、三国志、ヨーロッパ、世界史へと展開。 その流れでギリシャ神話にもドはまりして、本やら漫画を集めたり…それが今に役立ってるのかな?と思ってます。

現在、欠かさず読んでいるのが『龍帥の翼』。 司馬遼太郎の『項羽と劉邦』は有名ですが、劉邦の軍師となった張良が主役の漫画です。 頭が切れるのに、病弱で美形という少女漫画のようなキャラですが、史実ですからね。

マニアックな人間ですが、これからもよろしくお願いします。