北欧神話の神ではありますが、【ニョルズ】という名前はあまり聞き覚えのないという方も多いと思います。

彼自身はマイナーですが、その子どもたちは北欧神話でもトップクラスの人気の神々です。

ニョルズの子どもたちは美形双子として有名なフレイとフレイヤなのです。

 

ニョルズ

ニョルズ(ラテール)種族: ヴァン神族/アース神族
地域: ヴァナヘイム/ノーアトゥーン(アースガルズ)

実はニョルズはもともとはアース親族とは別のヴァン親族の神でした。

フレイ達の章でも紹介しましたが、ヴァン親族とアース親族の戦いの時、言わば人質としてヴァナヘイムからアースガルドへ移住し、以後はアース親族の神として認められるようになったという経緯があります。

 

富を持つ海神だけど、実は苦労人

ニョルズ
出典:ウィキペディアより

ニョルズは富と豊穣の神と言われ、海運や漁業の守護神として崇められていました。

現在でも北欧は漁業が盛んですが、その神ですからきっと人々の篤い信仰を集めていたのではないかと思われます。

中世の活躍した海賊(ヴァイキング)達もニョルズを深く信仰していたと言われ、富を築いた者が【ニョルズの如く富む】と称えられたそうです。

古い伝説を集めた『サガ』でもニョルズは富と繁栄のシンボルとして何度も登場しています。

風を支配し、海と火を鎮める力を持った神ニョルズは【港】という意味を持つ【ノーアトゥーン】という館に住んでいます。

非常に裕福な神は、鷹揚な性格だったのでしょう。

欲しいと望む者には自分の土地でも財産でもあっさりと気前よく与えてあげたそうです。

まさに【金持ちの鑑】のようですね。

親より有名な子ども達が、美貌の双子神、豊穣の神フレイと愛と美の女神フレイヤです。

この二人の子どもたちも豊穣を司っていますから、まさに一家揃って人間に繁栄を約束してくれるという縁起の良い神達と言えるでしょう。

と言っても、光に影は付きもの。

アースガルドへやって来た理由は何回か紹介しているように、アース親族とヴァン親族との戦いでした。

アースガルドで暮らすようになったニョルズは、見初められて巨人族の娘スカジ(スカアハ)と結婚しました。

女性側が積極的だったようで、波に洗われた美しい足がスカジ(スカアハ)に気に入られたというのがきっかけだったそうです。

ニョルズ自身は気乗りがしなかったのか、結婚はしたものの、性格の不一致から結婚生活はあまりうまくいかなかったと言われています。

富と豊穣の神と聞くと明るいイメージがありますが、意外と屈折した過去を持っている神です。

ニョルズは息子フレイがラグナロクで亡くなった後も生き延びて、アース親族と決別し、生まれたヴァン神族のもとへ帰ったとされています。

 

エンタメワールドのニョルズ

ニョルズ(潜レコ)ギリシャ神話のポセイドンを連想させる海神ニョルズは、ゲーム作品では荒々しい海の象徴とされるようです。

力はありますから、強力なキャラクター(敵キャラとして)のモチーフにされることも数多くあるようで、凄まじいパワーを持った存在として登場するようです。

確かに海のパワーを持つキャラはゲームにはもってこいの個性ですよね。

でも、そんな単純な設定だけではなく、これからは屈折した複雑な性格で、苦労人の過去も取り入れたキャラクターとして登場するかも知れませんね。

トキメキファンタジー ラテール

ここで描かれるニョルズは、まさに凄まじいパワーの老人といったところでしょうか。

崩壊の塔最下層で敵モンスターとして登場します。

竜巻を起こしたり、ドロップアイテムが龍のバッジだったりするのは少し海神という本来のイメージに寄せているのでしょうか。

潜空のレコンキスタ

人気のLINEゲームです。

潜レコ(略)で描かれるニョルズは【航海の守神】という名が付けられるだけあって海神そのものです。

物語の中では、手段を選ばない残忍な性格で、どんどん海を支配しているので海神と争いが絶えないというキャラ設定になっています。

これならスカジ(スカアハ)も好きになるわ!っていうほどの美男子ですね。

 追記:喜多川阿弥

 

ニョルズ~ラグナロク以後も生き延びた富と繁栄のシンボル~ まとめ

親より子どもが有名というのは人間界でもよくあることです。

フレイとフレイヤ、輝く美貌の双子を見て父親は何を感じていたのでしょうか。

ラグナログ以後も生き延びたということを考えると、ニョルズの気持ちはますます複雑なものだったのではないかと深読みしてしまいますね。