月桂樹の冠オリンピックなどの優勝者の頭上に載せられる植物の冠をご存じの方も多いと思います。

あれは月桂樹で作られたもので、実は今回紹介するアポロンを拒絶した美しい乙女=ダフネにちなんだものなのです。

青春の象徴とも呼ばれる太陽神アポロンをはねつけた乙女とは一体どんな娘だったのでしょうか?

 

エロスの矢に翻弄された乙女

ダフネ(刻のイシュタリア)ダフネは河の神ネイオスの娘で愛らしいニンフでした。

川遊びが好きな活動的な乙女だったらしく、いつものとおり水遊びをしていたら突然アポロンに求愛されたのです。

これには事情がありました。

アポロンは「君のそのちっちゃな矢は一体何の役に立つんだい?」と愛の神エロスをからかったのです。

体は小さくても、神の端くれ、バカにされたエロスは仕返ししてやろうと、まず黄金の矢をアポロンの胸に命中させました。

黄金の矢は最初に見た者を恋い焦がれてしまうという、言わば恋の点火スイッチみたいな力がありました。

そしてアポロンが最初に見たのが、水遊びをしているダフネだったのです。

そしてエロスはダフネには鉛の矢を射ました。

鉛の矢は黄金の矢とは真逆の力-つまり、最初に見た者を忌み嫌うという嫌悪の感情を生じさせる力があったのです。

アポロンは黄金の矢の力の赴くままに、乙女に迫ります。

ダフネは鉛の矢に従いアポロンを嫌います。

しかし、嫌われて引くアポロンではありません。

「麗しい乙女よ、どうして逃げるのですか、私はアポロン神、ゼウスの息子です」

「近づかないでください。私は男性が嫌いなのです」

逃げる乙女をどこまでも追いかける青年神。

完全なるストーカーです。

正体を名乗り、説得しようとするアポロンの声などダフネの耳には入らなかったでしょう。

怖い、嫌い-この感情に突き動かされたダフネは必死に逃げ続けました。

しかし、相手は神です。

ダフネ(メガテン)人間より速いとは言え、ニンフの足ではやがて追い付かれてしまいます。

あと一歩で捕まってしまう-ダフネは必死に父ネイオスに祈りました。

「お父様、私を清らかなままでいさせてください。この男性のものにしないで下さい」

娘の願いを聞き入れた河の神はダフネの姿を変えてしまいました。

若々しい乙女は、青々とした葉の茂る月桂樹となったのです。

 

月桂樹とアポロン

アポロとダフネ(ボルゲーゼ美術館)あと一歩で恋する娘に逃げられたアポロン。

乙女が樹木に姿を変え、永遠に手の届かない存在になってしまったことが諦めきれませんでした。

ダフネへの自分の思いを証明するかのように月桂樹をダフネを自分の聖木とし、その葉で編んだ冠を身につけることにしたのです。

また、アポロンの聖地ピュティアで開かれた競技大会では、優勝者に月桂樹の冠を授けるようになりました。

この物語はギリシャ神話の中でも知名度の高いエピソードなので、芸術作品の題材としてもよく取り上げられます。

有名な彫刻はローマのボルゲーゼ美術館にある《アポロとダフネ》でしょう。

身をそらし、逃げようとする若い女を男が後ろから捕まえようとしている構図です。

また、音楽家達のイマジネーションをかき立てるエピソードでもあったようで、ヘンデルやリヒャルト・シュトラウスなどが題材としています。

 

ダフネ~オリンピックでご存知の月桂樹の冠の由来とアポロン~ まとめ

ギリシャの男神といったらアポロン!と言うぐらい、美しい青年神としてのイメージがあるアポロン。

それなのに熱烈に迫られても「イヤなものはイヤ!」と変身してまでも拒絶するダフネ。

エロスのせいではありますが、アポロンは自業自得で、ダフネはとんだとばっちりを受けたような気がします。

それにしても、杉とか松のような渋い樹ではなく、月桂樹という生命力と若さを感じる樹になったのは、父親の愛情だったのではと思うのです。