アンティゴネ アンティゴネーはあのオイディプスの娘です。

母はイオカステ。

この二人の運命はギリシア神話上、最大の悲劇と呼ばれています。

それもそのはず、オイディプスとイオカステは実の母子だったのです。

その二人がなぜ夫婦となり、子どもを作ることになったしまったのか、詳しくはオイディプスの章で紹介していますので、参考にしていただきたいと思います。

今回の主役は許されぬ二人の間に生まれた長女アンティゴネーです。

 

兄弟の悲劇

アンティゴネオイディプスがイオカステと夫婦だったことが世間に知られてしまい、イオカステは自死します。

彼女が身につけていた簪で自分の目を抉り盲目となったオイディプス。

「あの世で両親をどんな顔で見ることができようか」と叫んだそうです。

イオカステの弟で一時的に権力の座についたクレオンは彼を王宮から放逐しました。

この時父の手を引いて、共に王宮から出奔したのがアンティゴネーと妹のイスメネでした。

アンティゴネーには兄弟がいました。

ポリュネイケースとエテオクレースです。

この二人はオイディプスをかばおうとはせず、傷ついた父親がテーバイを追われるのを見て見ぬ振りをしていたのです。

オイディプスは「剣によって互いに王位を奪い合うが良い」と呪詛したと言います。

兄弟は交代で一年ずつ王となる約束をしました。

まず兄であるポリュネイケースが王となり、一年後弟のエテオクレースに譲りました。

ところがエテオクレースは約束を守りませんでした。

それどころか、兄の命を狙うような行動をおこしたため、ポリュネイケースはアルゴスへ逃亡したのです。

ポリュネイケースはアルゴスで援軍を募り、王位を奪還しようとテーバイへ攻め込みました。

父親の言葉通り、兄弟二人はテーバイの王位をかけて戦うことになったのです。

戦いが長引いたため、結果は二人の一騎打ちになったのですが、相打ちとなり、兄弟はともに死んだのでした。

父オイディプスの呪いは成就したのです。

 

少女の悲劇

アンティゴネ(輝星のリベリオン)客死した父オイディプスを葬った後、アンティゴネーとイスメネはテーバイへ戻りました。

兄たちの戦いを彼女はどんな思いで見つめていたことでしょう。

王位を巡る争いは両名が共に落命するという最悪の結末になりました。

結局テーバイの王位は二人の甥の死を見届けたクレオンの手に転がり込みました。

このクレオンある意味、あまりにも人間らしい男です。

まず前々王ライオス(イオカステの夫、オイディプスの父)が殺された後(犯人はオイディプス)国王代理の形でテーバイの権力を握ります。

そして「テーバイの民を苦しめていたスピンクスを退治したら、王妃イオカステと王位を与える」とふれを出したのも彼でした。

そのふれに従ってイオカステを娶り、国王となったのがオイディプス。

クレオンにとっては甥でした。

知らぬこととは言いながら、甥に権力を渡すことになったのです。

甥オイディプスのいまわしい秘密が暴露されたことで姉イオカステが自殺し、オイディプスを追放したのも国王代理であったクレオン。

そして若き甥達の死後、クレオンは三度目の権力を手にします。

ここまで来たら、この力は二度と手放したくないと思ったのではないでしょうか?

クレオンは甥二人の遺体を正反対に扱うよう命令します。

つまり、「外国の兵を自国に引き入れようとした兄ポリュネイケースの遺体は葬ることを許さず野ざらしにせよ」そしてテーバイを守ろうとした弟エテオクレースの遺体は「丁重に葬れ」「この命令に逆らうものは厳しく処罰する」という内容だったのです。

いくらなんでもこれはひどすぎる-母子相姦というおぞましい関係であったとしても、一時は国王として人々の敬意を集めていた父親へのあまりの仕打ちに憤った若い娘は命をかけて叔父クレオンへ対抗します。

それは、まるでゴミのように放置されていた兄ポリュネイケースの遺体を丁重に葬ることでした。

捨てられていたポリュネイケースの遺体が葬られたことを知ったクレオンは、自分の命が無視されたと怒り、再びうち捨てるように指示します。

しかし、翌日になると遺体は再び砂をかけられていたのです。

それはアンティゴネーが行ったことでした。

クレオンは何度も何度も葬られたポリュネイケースの遺体を掘り出してはうち捨てさせます。

アンティゴネーは何度も何度も葬ります。

やがてクレオンの命により、アンティゴネーが引き立てられてきました。

叔父と姪の久しぶりの再会でした。

 

権力者の孤独

今や最高権力者となった自分の命令に背く姪へクレオンは怒りをぶつけます。

「わしの命令をなんだと思っている。厳しく処罰すると聞いていなかったのか!」アンティゴネーは「兄弟の亡骸が墓もなく、野ざらしにされていたら私は耐えられません」と答えます。

人情としては納得できる感情です。

しかし、権力者クレオンにとっては自分に逆らう生意気な小娘でしかありませんでした。

叔父はアンティゴネーを死刑にしようとします。

岩穴に閉じ込め、世間的には埋葬されたことにして、じわじわと衰弱死させてしまおうと思ったのかも知れません。

そこへ息子のハイモンが現れます。

彼はアンティゴネーの婚約者でした。

「あの人は自分の兄が野犬たちに食いちぎられるのが耐えられなかったのです」

「国民はオイディプスはともかく、アンティゴネーの行動を褒め称えています」と説得しますが、クレオンは聞き入れません。

「女に惑わされた愚かな男」

「私に逆らう者は処罰する」と罵ります。

ハイモンは無言で父の前から永久に立ち去りました。

アンティゴネーは岩穴で縊死します。

ハイモンもその足下で自殺したのでした。

息子の死を知った母親も後を追います。

権力は握ったものの、クレオンは息子達には先立たれ、妻をも失い、孤独な晩年を迎えることになりました。

 

アンティゴネー~テーバイで愛し合い憎しみ合う!ソポクレスの悲劇~ まとめ

数多くの人々がテーバイという国の中で愛し合い、憎み合い、殺し合って死んでいきました。

この物語には、権力を握ってもいつかは失われるものだ-日本の『平家物語』における無常観が漂っている気がします。

悲しいという一言ではすまない激動の悲惨な運命を生きたテーバイの人々、彼らの人生を考えるとソポクレスの悲劇『アンティゴネー』が現在に至るまで何回も何回も上演され、人々の人気を集めているのは当然のことと考えられるのです。